注意

Googleによって機械翻訳されます。正確に翻訳されていない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

色、文字サイズ、言語の変更

色の変更

  • 標準
  • 白黒
  • 標準反転
  • 白黒反転

文字サイズの変更

Multi-lingual

  • English・中文・한글

社会福祉法人 練馬区社会福祉協議会

サイト内検索、お問合せ、交通アクセス

メインメニュー

よくある質問

練馬区社会福祉協議会によく寄せられる質問と答えはこちらから

会員・会費・寄付について


Q.1 会員になりたいのですが?

会員の募集は随時行っていますので、練馬区社協にご連絡ください。

【入会方法】


  1. 窓口での入会:練馬区社協の各窓口へご来所ください。
  2. 郵便振替による入会:振替手数料無料の振替用紙をお届けします。ご連絡ください。
    口座番号 00120-1-125600
    加入者名 社会福祉法人 練馬区社会福祉協議会
  3. 銀行振込みによる入会:入会のご希望をご連絡の上、下記の銀行口座へ年会費をお振込ください。(振込手数料がかかりますのであらかじめご了承ください。)
    西京信用金庫練馬支店 普通口座 0957285
    社会福祉法人 練馬区社会福祉協議会 会長 大江義宏

Q.2 会費は何に使われていますか?

練馬区社協の会費は、練馬区の地域福祉を推進するために使用されています。具体的には、ボランティア・市民活動支援の充実、高齢者や障害者の安心した生活の確保のための権利擁護事業の充実、練馬区社協の広報・啓発活動などに使用されています。

Q.3 寄付をしたいのですが?

まずは、練馬区社協にご連絡ください。
寄付も会費と同様、ボランティア・市民活動支援の充実、権利擁護事業の充実などに使用され、地域福祉の推進のための大きな支えになっています。

Q.4 寄付金控除について教えてください。

練馬区社協への寄付は、税制上の優遇措置があります。

  1. 個人の場合:所得税に係る「寄付金控除」の対象になります(所得税法第78条)。住民税の寄付金税額控除の対象になります。
  2. 法人の場合:一般の寄付金とは別枠で損金の額に算入することができます(法人税法第37条)。
  3. 相続や遺贈によって受けた財産を寄付した場合は、その分は相続税の対象外となります。

サービスについて


Q.1 高齢者の世帯ですが、家事や介護のサービスを受けられますか?

練馬区社協では、日常生活を営むうえで手助けを必要としている方が、人と人とのつながりを持ちながら、自立した生活が送れるよう、有償で家事援助や介護援助サービスを行っています。ご利用にあたっては、事前に職員の訪問が必要になります。まずは在宅サービス担当までご相談ください。

Q.2 介護保険を利用したいのですが?

介護保険を利用する場合は申請が必要です。練馬区社協では介護保険にかかわる事業を実施しておりませんので、練馬区役所介護保険課かお近くの高齢者相談センターや指定居宅介護支援事業者にお問い合わせください。

Q.3 車いすを利用していますが、病院や買い物などに出かけたい場合、何かサービスはありますか?

練馬区社協ではチェアキャブ(車いすのまま乗ることができる車両)を運行しています。ご利用にあたってはこちらをご参照ください。

Q.4 食事サービスについて知りたいのですが?

練馬区社協では食事サービスを実施していないため、区内で食事サービスを提供している団体等の情報をお伝えします。詳細については、各団体に直接お問い合わせください。

Q.5 お掃除など家事や介護の活動をしたいのですが?

練馬区社協では、家事援助サービスや介護援助サービスを提供していただける協力員を募集しています。練馬区内にお住まいの18歳以上の方であれば資格は必要ありません。報酬は家事援助サービスは1時間700円、介護援助サービスは1時間1,000円で所得税を差し引いた金額をお支払いしています。登録は随時行っていますので、まずは在宅サービス担当までご相談ください。


ボランティアについて


Q.1 ボランティア活動をしたいのですが?

最寄りのボランティア・地域福祉推進センター、コーナーにご相談いただくか、毎月発行しているボランティア・市民活動情報誌「ぽけっと」をご覧ください。「ぽけっと」は、図書館、出張所、体育館、地区区民館など関係機関窓口で配布しています。また、こちらでもご覧いただけます。

Q.2 ボランティアを必要としているのですが?

最寄りのボランティア・地域福祉推進センター、コーナーにご相談ください。職員が状況を伺い、必要があれば訪問し、打ち合わせをさせていただきます。

Q.3 ボランティア団体を紹介して欲しい。

最寄りのボランティア・地域福祉推進センター、コーナーにご相談ください。ボランティア団体といっても、目的や活動内容が様々で団体数もたくさんあります。どのような活動をしてみたいか、お聞かせいただければ、職員がそれに合わせた情報提供をいたします。

Q.4 ボランティアとは?

ボランティアという言葉は、ラテン語の「Volo(ウォロ)」(意思未来「喜んで~する」の意味)の名詞形である「Voluntas」(「自由な意思」の意味)が語源とされています。人から強制されてではなく、自分から何かできることはないかという「気持ち」を大切にして自分にできることをそれぞれの生活の中で考え、実践していくこと。これがボランティア活動です。


福祉作業所について


Q.1 福祉作業所を利用するにはどうしたら良いですか?

お住まいの地域を担当する福祉事務所に申し込みをします。その後入所のための実習を2週間行っていただき、区で入所調整会議を開き入所を決定します。事前に見学していただくことも可能です。

Q.2 自主製品を購入したいのですが?

白百合かたくり福祉作業所で直接お買い求めいただけます。また、地域のイベント等での販売も行っておりますので、福祉作業所へ直接お問い合わせください。

Q.3 作業を依頼したいのですが?

白百合福祉作業所では、箸入れ、紙器製作、宅配寿司のセット作り、チラシ折り・封入、公園清掃等の作業を行なっています。

かたくり福祉作業所では、ダイレクトメールの封入・ラベル貼り、付録のセット作業、箸入れ、お菓子のセット作業、公園・マンション清掃等の作業を行なっています。まずは、お問い合わせいただき内容等をご相談ください。

Q.4 就労継続支援B型事業ではどのようなことを行なうのですか?

就労継続支援B型事業では、一般の職場での就労が困難な方に働く場を提供し、働くことの喜びを感じ、社会参加をすすめていくことで生活の向上と自立を支援しています。また、一般企業に就職を希望する方に対しては、関係機関と連携して就労を支援しています。

Q.5 かたくり福祉作業所の就労移行支援事業ではどのようなことを行なうのですか?

就労移行支援事業では障害者の就労に向け、作業能力や社会生活に必要な技能を身につけることを目的とします。さらに企業実習を通して、就労の雰囲気や意欲を高め、就労の機会の拡充を図り、本人に合った就労を目指します。作業はダイレクトメールや清掃を中心に行います。また、生活支援講座として社会ルールや挨拶などについて身につけていきます。


障害者地域生活支援センターについて


Q.1 相談をした自分の情報は守られますか?

練馬区社協ではプライバシーポリシーを定め、個人情報の保護に努めています。あなたの情報が外部に漏れることはありませんので安心してください。

Q.2 「きらら」や「ういんぐ」ではどのような行事やイベントをしていますか?また、費用はかかりますか?

食事会(昼食会・夕食会/月1回ずつ)、体験茶道、スポーツプログラム・花くらぶ(園芸プログラム)・PC教室・PC開放・レディースディ・地域生活サポーター(退院促進事業)・トライアルゼミ・SST(生活技術技能訓練)・和みの時間(家族向けプログラム)・出張きらら・地域のお祭り参加(商店会との共同イベント)・国際交流プログラム等です。

Q.3 「きらら」や「ういんぐ」に行くのは初めてで、不安なのですけど?

初回来所の方には、スタッフが丁寧に説明いたします。

Q.4 「きらら」や「ういんぐ」は障害者手帳を持っていなくても利用できますか? どんな人が利用できますか?

原則登録制です。手帳の有無は問いません。主たる利用対象者原則は、区内在住の精神障害者・家族・関係機関等ですが、区外の方もご利用になれます。

Q.5 どんな人が相談にのってくれますか?

障害者地域生活支援センターに勤務する専門の相談員です。


成年後見制度、権利擁護センターについて


Q.1 成年後見制度を利用するにはどうしたらいいのですか?

家庭裁判所へ申立てを行います。手続きや費用などについて、詳しくは「ほっとサポートねりま」へご相談いただくか、家庭裁判所へお問合せください。

Q.2 成年後見制度を利用したいが、後見人になってくれますか?

「ほっとサポートねりま」は後見人になることはできません。後見人は親族などがなることができます。身近に適切な人がいない場合は、弁護士や司法書士・社会福祉士といった第三者がなることができます。後見人を誰にするか最終的に決めるのは家庭裁判所です。

詳しくは「ほっとサポートねりま」へご相談下さい。

Q.3 今は元気だけど、老後が心配。今から備えておきたいのですが?

任意後見契約や遺言を利用する方法があります。詳しくは「ほっとサポートねりま」へご相談ください。

Q.4 後見人になっても相談にのってくれますか?

後見人として知りたいことや、わからないことがある時は随時お受けしますので、お気軽にご相談下さい。また、それ以外にも「ほっとサポートねりま」では後見人のサポートとして、『ねりま後見人ネットだより』を開催しています。興味のある方はぜひご参加ください。

Q.5 サークルや町内会で成年後見制度やこれからの生活のことを研修したいのですが?

「ほっとサポートねりま」では、ご要望に応じて職員が説明会や勉強会に出向きます。お気軽にご相談下さい。

Q.6 地域福祉権利擁護事業はどんなことをしてくれるのですか?

契約・支援計画に基づいて支援を行います。
(例)預金通帳など大切な書類をお預かりし、毎月1・2回決められた日に訪問し、郵便物の確認や生活費の払戻しを行い、心配ごとなどの相談を受け、対応します。

Q.7 地域福祉権利擁護事業と成年後見制度の違いは?

地域福祉権利擁護事業は、物忘れや認知症状がある高齢者や障害のある方が、適切な福祉サービスを選択したり、円滑に利用するための手続きや支払いを支援します。さらに、日常生活に必要な生活費の払戻しや預け入れ、公共料金などの支払い支援、通帳や年金証書などの大切な書類をお預かりするなど、地域で安心して生活するためのお手伝いをおこないます。
成年後見制度は、自分で十分な判断ができない人のために、後見人等を選任して本人の意思決定を助け、生活や財産などの権利を守る制度です。選ばれた後見人等は本人の意思を尊重し、心身の状態に配慮しながら必要な代理行為をおこない財産を適正に管理します。

Q.8 地域福祉権利擁護事業と財産保全・手続き代行サービスの違いは?

地域福祉権利擁護事業は認知症や知的障害、精神障害など判断能力が十分でない方が対象で、財産保全・手続き代行サービスは身体障害や疾病のため自ら金融機関へ行くことが困難な方や、手元に大事なものを置いておくことに不安がある方が対象となります。個別の状況に応じて利用できるサービスが異なりますので、一度ご相談下さい。
また、地域福祉権利擁護事業は社会福祉法の第二種社会福祉事業に位置づけられており、東京都社会福祉協議会から委託を受けて練馬区社協が実施している事業です。財産保全・手続き代行サービスは練馬区社協の独自事業です。

このページをシェアする

ページのトップへ